テーマ変更したら『Fatal error』でサイトが真っ白!!簡単解決方法【WP】

こんにちは、Reiraです!

今回は、WordPressのテーマ変更をしたらサイトが真っ白!!謎の英文だけ表示される!

なんて少しビックリしてしまうトラブルの簡単解決方法です。

表示されるエラーがこんな感じです。

サイトを開いたら真っ白な画面にこれだけって・・・びっくりしますよね!!

 

Fatal errorの原因

 

今回は自分のサイトではないのですが、この現象が起きてしまい。

どうしようかなー??と一先ず英文をじっくり見ると。

 

Fatal error: Can’t use function return value in write contextin /home/●●●/●●●.com/public_html/wpcontent/themes/jin/include/headerstyle/header-style1.php on line 9

 

phpが原因なのかな??

という事で、調べて見るとわかりました!!

『PHPのバージョンをアップさせれば良い!』

という事です。

 

phpって何??って方も、修正方法は簡単なので参考に操作してみて下さい。

 

Fatal errorの修正方法

 

今回もエックスサーバーを使って紹介していきます。

他のサーバーをお使いの方も、流れは大体同じだと思うので使用サーバーに当てはめて参考にして下さい。

 

PHPのバージョンアップ

 

エックスサーバーの『サーバーパネル』から、PHPのバージョンを変更したいドメインを選択して、『PHP Ver.切り替え』に進みます。

*ドメインの選択をしないで『PHP Ver.切り替え』に進んだ場合は、次の画面でドメインの選択画面が表示されます。
PHPのバージョンを変更したいドメインを選択して、進んで下さい。

 

PHPバージョン切り替え画面が表示されますので、赤枠内をクリックします。

*今回のようなエラーが起きている場合は、PHPバージョンが非推奨の古いバージョンが設定されていると思います。

 

プルダウンメニューより、PHPのバージョン一覧が表示されますので設定したいバージョンを選択します。

*今回の場合(2018.07現在)の画像です。
推奨されている新しいバージョンを使用すれば大丈夫です。

 

設定したいPHPバージョンになっている事を確認して、『PHPバージョン切替(確認)』をクリックして進みます。

 

確認画面が表示されますので、問題がなければ『PHPバージョン切替(確定)』をクリックして変更を完了させます。

 

PHPバージョンを「設定したバージョン」に変更しました。と表示されれば完了です。

 

以上でPHPバージョンアップ・切替え方法は完了です。

これでエラーの出たサイトを再度表示させると、

エラー画面が修正されて、自分のサイトの表示がされていると思います。

 

最後にまとめ

 

今回は急なエラートラブル<Fatal error>の解決方法を紹介しました。

サイトを運営すると様々なトラブルが起こるときもありますが、意外と修正方法は簡単だったりするので、焦らずに調べてみたり詳しい方に相談して解決してみて下さい。

当サイトでもトラブル系の解決方法は随時更新していきます。

また何か困った事があった時は気軽にご相談くださいヾ(๑╹◡╹)ノ”